紅茶ダイエットは実践しやすい

食事を減らすことから試す

少食ダイエットといっても、全く食事を摂らないとか、定期的に断食しましょう!という様な、極端なダイエットを提唱している訳ではありません。 朝食は極力少食にして、胃腸を休ませる時間に充てましょう、というダイエット法なんです。 もちろん究極な所まで行けば、1日1食という所まで行ける様ですが、それは必要に迫られている人以外、論外だと思います。

少なくとも私は無理を強いられる事や我慢が必要な事は一切したくなかったので、朝食を減らす事から始めました。 とは言っても、もともとそんなに朝食をがっつり食べる方ではなかったので、当初はそんなに変化があるとは思っていませんでしたが…。

ところが推奨されている通りに、朝1~2杯の生姜入りの紅茶を飲むようになってから、朝起きて間もないというのに、身体がほてってくるのがわかる様になったんです。じんわり汗をかく事もあるほど、身体の中が活発に働いている感じですね。脂肪燃焼も高くなったみたいで、体がほっそりした感じです。 これにはびっくりですよ、正直…。

何を隠そう私は冷え性で低体温気味の体質なので、朝起きぬけの身体の重たさ、いかにもまだ内臓が動いていないな~という感覚が当り前の毎日だったので、朝起きて間もない時間帯に身体がほてるなんて事は、本当に稀なことだったんです。 お陰さまで、朝から目もパッチリと覚めて、お弁当の支度も朝ご飯の支度もテキパキとこなせるようになりました。あんなにだらけていた朝の自分が嘘の様に!

ちなみに、これまで朝の習慣となっていたコーヒーが身体を冷やしていた、という事実を知った事も、生姜入り紅茶へスムーズに移行できた理由だと思います。 飲み方は、普通に入れた紅茶に生姜のすりおろしを入れたり、スライスを入れたり、日によって変えていますが、黒砂糖は欠かさず入れる様にしています。気持ち甘めに…。

そう言えば、ジンジャー・ティーって聞いた事がある位だから、生姜と紅茶ってじつは相性が良いのかもしれないですね、ホント、美味しいですし、簡単にできるダイエットでおすすめです。